予約し忘れてたけど、近所の本屋で売ってて助かった( ̄▽ ̄;)




お久しぶりです、どうも、ユキです。




3周年画集がようやく発売されました!

私はもちろん予約していた・・・と言いたいところなのですが、実際は予約し忘れていたので近所の本屋で買ってきました。

限定版売ってて本当に良かった・・・


ゴタゴタはしたもののなんとか入手することはできたので、早速レビューっぽいことをしていきたいと思います!




まず外箱はこんな感じ。
か、カッコ良すぎか・・・!



次に中身を取り出そうとしたのですが、箱はイラストのプリントしてある面がカポリと開きました。
(最初横から開けようとしてた)



中身は

・公式キャラクター画集
・公式イベント画集
・らパパもちもちマスコット

の3つです。


ちなみに中身を取り出した箱はこんな感じ。
(結構上げ底)




公式画集の大きさはB5サイズと2年前に出たビジュアルファンブックより一回り小さいです。



白猫のファンブックや2015年の夏コミで販売された公式スタッフブックと同じ大きさ。


肝心の画集の中身ですが、キャラクター画集の方は3周年時に行われた人気投票で150位以内に入った精霊のイラストが載っています。

1位〜10位の精霊は見開き、11位〜50位の精霊は1ページ、51位〜100位の精霊は半ページ、それ以降の精霊は4分の1ページの紙面が割かれています。

1位〜50位の精霊はそれなりの大きさのイラストが載っていますが、それ以降の精霊のイラストは正直小さい(´ー`*)

また1位〜50位の精霊は最新版だけでなく過去のイラスト(例えばファムだったら天井岬2版だけでなくグリコ版やGP版など)も載っているのですが、最新版以外のイラストは小さめです。
(クリスマスシャロンをもっとおおきなサイズで見たかった)

もちろん紙面の都合上仕方のないところではあるのですが、過去のイラストも大きなサイズで見たかったというのが本音。


イベント画集の方は、クロマグ5から3周年アンジェリカイベントまでのイベントのキービジュアルと人間関係図+背景資料等が、イベント一つ当たり4ページで載っています。

キービジュアルは見開きなので見ごたえアリ!

人間関係図とかはあんまり深いところまで突っ込んではいなかった印象です。

あとプロデューサー対談や声優座談会といったものもイベント画集の方に収録されています。
(うがぴよさんと女性声優陣との座談会が特に良かったです)




今回の画集の個人的な感想としては、2つの画集合わせて約300ページでなかなかにボリューミィでしたが、それでもイラストの収録数に関してはちょっと満足しきれなかったという感じです。

紙面の都合上仕方のないところはあるのですが、わがままを言えば今まで出てきたすべての精霊のイラストを、1つのイラストに対して1ページ割いて欲しかった・・・!
(一体何ページあればすべてのイラストを収録できるんだろう・・・)

もちろん簡単な話でないのはわかっているのですが、できれば半年に一回くらいイラスト集が出れば、さらに多くの精霊のイラストを大きなサイズで見ることができるのかなーと思ったり。



ちょっと辛口な感想になってしまいましたが、今回画集を買ったことは全く後悔はしていませんし、次の画集が出ることがあれば間違いなく購入すると思います。

ウィズ好きな方であれば間違いなく買うべき本である!というのが結論です。





それではこの辺で( *˙︶˙*)ノ"